キャンパスライフ

在学生メッセージ

昼間部3年 佐藤 大輔さん
羽黒高等学校(山形県)出身

 

目指すのは多くの人の役に立つ柔道整復師

 私が柔道整復師を目指そうと思ったきっかけは、高校時代のケガの影響からでした。野球をやっていた私はケガをすることも多く、よく接骨院に通って治療していただきました。その時、私も将来ケガに携わる柔道整復師を目指そうと思いました。

 仙台接骨医療専門学校を選んだ理由は、国家試験の高い合格率や就職率だけではなく、学校見学をした時の様子や学校の雰囲気からでした。学生同士のコミュニケーションや先生への質問など、私から見てとても良い印象を受けました。私もこのような環境で学びたいと思い、この学校を選びました。

 将来は柔道整復師としてたくさんの人のケガを治せるようになることはもちろんのこと、自分のようなスポーツでのケガを治せるスポーツトレーナー活動もしていきたいです。

昼間部3年 大島 えみなさん
宮城県利府高等学校出身

 

患者さんの心と身体に寄り添える柔道整復師に

 私が仙台接骨医療専門学校に進学したのは、患者さんの心に寄り添える柔道整復師になりたいと思ったからです。この学校では、座学だけでなく、実技の授業がとても充実しています。先生方とのコミュニケーションの場も多く、授業中に笑いが起きることも珍しくありません。

 校舎は綺麗なだけでなく、学生が昼食を食べたり勉強したりするラウンジや、図書室、実技実習室、トレーニングルームなど、様々な設備がと整っており、快適で勉強に集中することができます。

 何よりもこの学校での生活が楽しいと思っています。将来患者さんの心によりそい、確かな技術と知識で治療を施せる柔道整復師になれるように頑張っています。

昼間部3年 藤田 華帆さん
宮城県気仙沼高等学校出身

 

アットホームな雰囲気で技術を習得

 仙台接骨医療専門学校はとてもアットホームな雰囲気があり、授業でわからないことや疑問に思ったことを先生に質問しやすい環境になっていると実感しています。また、先生方も学生一人ひとりに対して丁寧にわかりやすく説明してくれます。

 包帯固定の苦手な私にも、具体的にわかりやすく指導していただき、今ではしっかりと固定した包帯を巻くことができました。

 学校行事の中には「包帯巻きコンテスト」という他の学校にはない行事があり、学生全員が技術の向上を目指して頑張っています。

 この学校は柔道整復師の基礎をしっかり身につけられるところです。ぜひ一度見学に来てみてください。

夜間部3年 福田 昌枝さん
宮城県亘理高等学校出身

 

やりたい時が自分の適齢期

 社会に出てから長い年月が経ち、「このままでいいのか?」と考えたことが何度かありました。社会に出て多くの人と出会い、人との出会いから誰かの役に立ち、感謝しあえる仕事をしたいと思うようになりました。

 私にできることは何だろうかと考えたとき、柔道整復師という国家資格があり、資格を取るためには社会人でも学校に入学できることを知りました。そして学校見学の際にこの学校に魅力を感じ、入学を決めました。

 夜間部は年齢層の幅が広いのですが、私たちのクラスは皆仲が良く、話題も豊富で楽しく過ごせています。

 やりたいと思った時が自分にとっての適齢期と思っています。社会人として得た知識と経験は必ず活かされると信じています。

夜間部2年 本間 崇寛さん
東海大学山形高等学校出身

 

授業はわかりやすく、丁寧・熱心に指導してくれます

 高校時代、陸上競技部に所属していました。当時、怪我に悩まされる日々が続き、接骨院に通って治療を受けているうちに、自分も怪我で悩んでいる人の力になりたいと思ったのが柔道整復師に興味を持ったきっかけです。

 高校を卒業後、一般企業に就職しましたが、自分の夢を諦められず、仙台接骨医療専門学校へ入学しました。社会人を経てからの入学だったため、色々な不安もありましたが、先生方は本当に素敵な方ばかりで、授業はわかりやすく、丁寧・熱心に指導してくれるので、充実した日々を過ごせています。

 私は将来、患者さんに信頼される柔道整復師になり、開業することが目標です。目標達成に向けて、高い意識を持って、一直線で頑張っていきたいと思っています。