COVID-19(新型コロナウィルス感染症)対策について

新型コロナウイルス感染症が、全国各地で広まっております。
仙台接骨医療専門学校では「学生が安全に学べる」、「教職員が安全に校務を勤められる」、「皆様方が安全に来校できる」よう、
医療系専門学校としての責任を果たすべく、下記の取り組みを行なっております。

各所にアルコール消毒液の設置

 エントランスに足踏み式のアルコール消毒液を設置しております。全ての来校者に対して手指の消毒をお願いしております。

 その他、各階各所にもアルコール消毒液を設置し、いつでも消毒できる環境を整えております。

全ての来校者への検温

 全ての来校者に対し、必ず検温を行っております。

 学生は毎朝自宅で検温をし、発熱があった際は学校に連絡し、教職員の指示に従います。また、登校した際にも教職員が非接触型体温計で検温を行い、記帳してます。

アクリルパネルの設置

 受付や応接室に飛沫感染防止用のアクリルパネルを設置しております。また、教員室の机にも設置し、教員同士の感染防止にも努めています。

マスク着用の徹底

 学生・教職員を含む全ての来校者に対し、マスクの着用をお願いしております。授業の際は、教員・学生共にマスク着用で行い、実技等ではフェイスガードも併用し、感染を防ぎます。

 

ソーシャルディスタンスの確保

 授業は出来るだけ大きな教室(普通教室の1.5倍から2倍の広さ)を使用し、学生同士の間隔を十分確保した上で実施しています。実技の授業も、現在では講堂で実施し、ソーシャルディスタンスを保っています。

 

校内換気の徹底

 全ての教室に24時間換気設備を設置しています。また適宜窓を開放し、空気の入れ替えを行っております。

 

教室および共用部分の消毒

 毎朝教職員が共用部分のドアノブなどの消毒を行っております。また、授業終了後に学生は自分の使用した机や椅子を消毒します。