OBの活躍 

本校の卒業生数は約4,000名に達しています。
OB諸氏のほとんどは独立して接骨院・整骨院を営んでおりますが、総合病院や整形外科医院、各種施設等で活躍しているOBも少なくありません。
歴史ある本校のOB諸氏は、各県において柔道整復師会など諸団体の重責を担っており、柔道整復師の地位や技術向上のために尽力しています。
「同じ釜の飯を食った仲間」の結束は固く、諸先輩が築きあげた「柔専魂」は後輩にも脈々と受け継がれております。
※仙台接骨医療専門学校は旧称を「東北柔道専門学校」と云い、通称「東北柔専」と呼ばれて親しまれていました。

本校OBは「柔道整復師」として、全国各地、また世界に羽ばたき活躍をしております。

○地域医療を支える担い手としての接骨院開業
○高齢化社会への大王としてのデイケアセンターの開設
○スポーツトレーナーとして、プロ選手や実業団、各学校、地域スポーツ団体での活動
○WHOにも認められた治療資格「柔道セラピスト」としての国外活動

東北柔専OB会

卒業生の有志によって東北柔専OB会本部を組織しております。
会員総数は約1,800名を超え、全国33支部に組織されて研鑽や親睦活動が行われております。

主な活動内容

○東北柔専OB会本部機関誌「くろおび」の発行(年1回)
○全国OB会総会の開催(懇親会) 各支部の持ち回り
○支部毎の学習会や研修会、研究学術発表会、交流会、機関誌の発行
○近隣支部同士の合同研修会
○全国柔道整復師学校協会柔道大会選手激励会
○学業成績の優秀な卒業生に対する東北柔専OB会本部会長賞の授与

OB会本部機関誌「くろおび」


OBによるバックアップ

OBは本校学生の就職先や臨床研究機関、アルバイト先として、確かな技術と人間性を大切にしながら、経営的なノウハウの指導・育成に努めています。
柔道整復師として長く治療活動を続けるためには、治療現場での臨床体験が必要不可欠です。本校では毎年多くのOB諸氏から求人をいただいており、また、各分野で活躍しているので本校の学生は就職先に恵まれているといえましょう。
また、独立開業の際も、様々なアドバイスや支援を受けられるので心強いOBです。

OBからのメッセージ

 


独立開業して、地域に根ざして
貢献してもらいたいですね

 仙台市内で接骨院を開業していた叔父(本校OB)の誘いで本校に入学し、卒業後は叔父の接骨院に勤務し6年後に開業しました。昭和63年に開業して今年で27年目になります。
 柔道整復師としては患者さんの治療に対して柔道整復師の領域なのか医科の領域なのかを判断して見極め、医科の領域であれば紹介し合い、整形外科や歯科のドクターとの共存共栄を図っています。
 私は見習いの頃から独立開業を目指していたので、独立当初から人がやっていないことを先立って治療や経営に取り入れようとしてきました。それが患者さんに治療に来ていただく最善の方法だと思っています。
 柔道整復師を目指している方には独立開業して出来るだけ地域に貢献していただきたいですね。
 私達柔道整復師はケガなどの外傷性の治療に関わる事が大事です。昔ながらの柔道整復師の姿を見失わないように、ケガの治療は短時間で対処することを心掛けています。
 柔道整復師の力量は「脱臼」の整復法にあると考え、本院のスタッフには常日頃から脱臼の治療技術を高めるように指導しています。治療に対する信用性を高めることが大切です。
 私は介護施設も経営していますが、周囲から接骨院の評価が高まれば、おのずと介護福祉関係やスポーツ関係からも声が掛かって活動領域も広がり、経営も安定します。昔の町医者のような地域密着型の治療院です。
 自分で患者さんを診て判断し、治す。そして患者さんに喜ばれる。それが柔道整復師であることをお伝えしたいと思います。



 


トレーナーには多くのポジションと役割があり
柔道整復師はトレーナーの現場に則しています

 トレーナーには多くのポジションと役割がありますが、柔道整復師はスポーツの現場に則していると思います。
 選手がケガをした時にケガの部位を修復し、アクシデントによって弱った筋肉を鍛え直し、身体のバランスを整え、リハビリをすることができる。そして選手に、何故身体が壊れたかを教える。これらは柔道整復師の技術資格を持って初めてできることです。
 選手のケガの状態を診て、現場で直ちに判断し、自分の知識と手技一つで骨折・脱臼・捻挫・打撲の応急処置を施こせるのが柔道整復師です。
 学校で解剖学や生理学、柔道整復学などの基礎学習をよく学び、次に治療の技術を覚え、臨床を通して症例を数多く経験すれば、自ずとトレーナーの技術も身に付きます。学校の実技で学んだ包帯巻きの技術は、今も私にとって大切な技術になっています。
 私はプロ選手やオリンピック選手など、様々な種目の多くのアスリートのトレーナーとして活動していますが、トレーナーを目指している皆さんに伝えたいことは、「柔道整復師の資格があれば、トレーナーの活動はバリバリできる」ということです。
 多くの患者さんはレントゲンの画像上では問題が無くとも、生活上は問題を抱えています。その問題を感じ取り、患者さんと一緒になって治療して行くのが柔道整復師です。私はスタッフに「患者さんにとってオラが先生になれ」と教えています。これから柔道整復師を目指す皆さんは柔道整復師を好きになってください。そして治療することを好きになってください。「ケガを治してあげたい」という気持ちがあれば自信も付きます。
 仙台接骨医療専門学校は人に温かな校風を持った学校です。皆さんも高い価値観を持って学んでください。



 


専門学校は自分に必要な資格を取得する所、
目的をもって自分自身の観点を明確にしてください。

 仙台大学所属ですが、明成高校の特定の部活動生徒に対してスポーツトレーナー業をしております。常勤でトレーニングルームの管理運営、スポーツ傷害対応、アスレティックリハビリテーション、傷害予防活動(運動指導、講習会など)が主な業務です。
 高校卒業後、専門学校で2年、大学に編入学して2年と、計4年間トレーナーの勉強をしましたが、トレーナーといっても、競技力向上に向けたトレーニング指導が主な業務の方もいれば、スポーツ傷害へのケアや治療、リハビリ等の医療的な関わりが主となる方もいます。私は後者の方に興味があり、更なるステップアップとして、ケガに対する専門家を目標に柔道整復師を目指すことにしました。
 これからトレーナーを目指したい方は、自分がどんな関わりを主とするのかを明確にすることが大事だと思います。それがケガに対する専門家というのであれば、本校はうってつけの学校だと思います。
 入学前のオリエンテーション時に、私自身の金銭的な問題にきちんと対応頂いたことは非常に助かりました。本校を決めたきっかけでもあります。さらに、ケガの治療を主とする柔道整復師の「元祖」とも言える先生方がおられますので、柔道整復師の本来のあり方を学ばせてくれる素晴らしい学校と思います。また、本校は昼・夜間部関係なく「コミュニティ」が出来上がっているので私の学生生活は充実していました。
 私は今後トレーナーとしての仕事を成り立たせるために、「医療」という拠点を持った上で活動することをイメージしています。将来は独立開業し、柔道整復師として、トレーナーとしてたくさんの方々への社会貢献をしたいと思っています。
 専門学校は自分に必要な資格を取得する所だと思います。これから本校を目指す方には、資格取得をゴールにせず、「将来何をしたいのか」、そのためには「何が必要か」をイメージしてから入学することをお奨めします。資格は通過点に過ぎません。自分の夢実現へ向けて頑張ってください!



 


国家試験の合格率が高く伝統があり、
しっかりと勉強ができる学校だから

 勤務して2年目になります。初めは治療機器などの扱いなど覚えることが多く、仕事らしくなったのは半年ほど経ってからでした。治療機器や治療方法などを知った上での治療を望む患者さんもいらっしゃるので、スタッフ全員で意思統一が必要です。
 本医院は患者数が多いので、丁寧さと共にスピードも求められています。患者さんがケガから回復し、日常生活に戻れるよう、励ましながら治療をしています。将来は高齢者介護の仕事がしてみたいです。
 私が柔道整復師を志すようになったのは、高校時代にサッカーをしていた時、ケガの治療のために接骨院に通院し、多くの方にお世話になったことがきっかけでした。その時、人の役に立ちたいと思いました。
 資格取得のための学校選択に際しては、国家試験の合格率が高く伝統があり、しっかりと勉強ができるカリキュラムになっている点を重視し仙台接骨医療専門学校に決めました。先輩方もとても明るかったです。
 柔道に対する不安はありましたが、ほとんどの人が初心者で、やっていく中で不安もなくなり楽しくできました。実技認定試験には緊張しましたが、学校が試験会場になっているので普段の気持ちで臨めました。学校の行事では、包帯巻きコンテストが一番思い出に残っています。
 仙台接骨医療専門学校は先輩が多いので、社会に出ても縦のサポートを受けることができます。一緒に働いているスタッフには先輩も同級生もいるので心強いです。
 学校では実技指導がしっかりしているし、国家試験対策でも補講指導などで丁寧に教えてくださるので、分からないところは先生方に良く聞きながら、国家試験合格に向けて、日々の努力を大切にしてほしいですね。